月別アーカイブ: 2016年11月

何故か偶然か必然か昔の相手に会ってしまう、復縁すべきだったか?

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

bbfgfeqq

 

お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 


超訳ニーチェの言葉
フリ-ドリヒ・ヴィルヘルム・ニ-チェ

愛するとは、自分とはまったく正反対に生きている者を、その状態のままに喜ぶことだ。自分とは逆の感性を持っている人をも、その感性のままに喜ぶことだ。 愛を使って二人のちがいを埋めたり、どちらかを引っ込めさせるのではなく、両者のちがいのままに喜ぶのが愛することなのだ。
対話、それも、たわいのない世間話や噂話の応酬といったものではなく、何か決まった事柄についてのじっくりした話し合いはとてもたいせつだ。 なぜならば、そういう話し合いによって、自分が何を考えているのか何を見落としているのかがはっきりわかってくるし、問題の重要な点がどこなのかも今までになく見えてくるからだ。そうして、一つの考えというものが形としてまとまってくる。 独りでぐずぐず考えてばかりだと、とめどがないばかりで何もまとまらないものだ。 だから、話し合いは、互いに考えの産婆となって助け合うことでもあるのだ。


人が変わるには人間関係の刷新もあり、自分が変わるために

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

bvdsadb

お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 


 

実際人間関係は時間と共に変化する、無理に合わせようとすると無理がある。 いつか戻れることを期待しながら切ることもある、と言うより切る方がいい場合が多い、環境を変えることがいいからだ。

自分にとってムダだと思う人間関係はバッサバッサ切っていいし、敵意を持っている人間を味方にする必要もない。無視するのが吉だ。なぜなら人生はあまりにも短く、人間はあまりにも多いからである。 縁の切り方 絆と孤独を考える(小学館新書)  中川淳一郎