実際に自分の人生として結婚を意識するのはいつでしょうか

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

TEL 090-8805-8765 

お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 

憧れとして結婚を意識するのは子ども時代ですが、実際に自分の人生として結婚を意識するのはいつでしょうか。

一番多いのは、周りの同年代の友人や知人が結婚する時ではないでしょうか。いわゆる結婚ラッシュとして、自分の周りで結婚する人が続くと自分の結婚について考えるようなることが多いようです。

また、お付き合いをしている人がいて、結婚適齢期を迎え、かつ、お付き合いしている人とこのまま一緒に過ごしていきたいと感じる時も結婚を意識するのではないでしょうか。

そして、実感としては弱いかも知れませんが、卒業して社会に出るにあたって就職活動をするとき。

特に女性は、結婚後や出産後に仕事を続けたいのかどうかを考えて職種や職場を選ぶ必要があります。就職活動時と実際に結婚や出産を迎えた時では、考え方も変わっている可能性はありますが、生涯仕事を続けたいのか?結婚や出産を機に家庭に入るのか?一旦家庭に入っても、また職場復帰したいのか?の自分の将来像を含めて職場を選ぶことは、大切なポイントとなっています。

男性だって、結婚後、特に妻の出産後は、家事や育児の分担をしやすい職場を選びたいという考えの人も増えてきていますよね。中には「専業主夫」となる人もいます。

結婚後も仕事を続けたいのならば、既婚女性の多く活躍している職場に注目するのが良いでしょう。出産後に仕事を続けたい場合も同様です。

就職活動の際、会社の育休などの制度をチェックするかと思いますが、制度があるだけで実際には活用されていないケースもあります。

すでに既婚者が多く出産育児に関する制度の利用実績がしっかりとある職場ならば、結婚・出産後も制度を活用して仕事を続けて行きやすい可能性が高いです。

制度があっても利用したいと申請をすると圧力をかけて退職に追いやるというブラックな会社も残念ながらないとは言えません。

結婚したら、家庭に入るべきという昔ながらの考えを捨てきれない経営者や管理職もまだいるのが実情です。

また、これまでにほとんど制度を利用した人がいないと場合は、周りも戸惑い、誤解が起きたり、理解してくれる人が少なかったりして、気持ち的に制度を利用し難いケースもあります。

自分がパイオニアとなって実績を作る気持ちの強さがあればいいのですが、そうではないのなら子育て中の先輩がたくさん活躍している職場を見つけましょう。

また、女性の先輩だけでなく男性社員も育休などを率先して取得している職場ならば、さらに結婚後も子育てをしながら働きやすい職場の可能性が高いと思われます。

 

 


カテゴリー: 未分類 | 実際に自分の人生として結婚を意識するのはいつでしょうか はコメントを受け付けていません。