月別アーカイブ: 2016年9月

貴女は振られたのか、振ったのか。

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

545654 (5)

お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 


男性は「論理的」、女性は「感情的」って本当???
ある科学者が感情を刺激するビデオを男女に見せて、反応の度合いをそれぞれ計測しました。
ビデオのテーマは「幸せ」「エキサイティング」「ハートウォーミング」「愉快」の4種類。
イメージとしては女性の方が感情表現は激しそうですよね。でも、「ハートウォーミング」(心温まる話)では、なんと、男性の方が女性の2倍の反応を示すという結果が出ました!

ところが感想をそれぞれに聴くと、なぜか男性は「そんなにはたいしたことはなかった」と自分の感情の起伏を隠そうとしたそうです。

ということは?男性の歩が本当は感情的??
「男だろ、泣くな!」という言葉よく耳にしませんか?
「男が泣いていいのは親が死んだときと、財布をなくした時だけだ」
そんな事を言う人もいたけれど、男性って子どもの頃から弱さを見せないように育てられてきたのかも。

ただ、その感情を言葉に表したりするのは苦手なのでしょうね。逆に女性は人の感情を読みとるのがとても上手。「彼のウソや浮気がなんとなくわかる」というのも、「感情」というものに長けているからではないでしょうか。女性をさす「感情的」という言葉は、褒め言葉かもしれません。


息苦しいのは自分のルールがあっていないから

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

 aaaaaaaaaatewre
お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 


自由とは、誰にも責任が転嫁できないこと、だって自分で決めて自分で行うから。 それでも自由がいいか考えてみよう、本当に求めているものは自由など言うありきたりのものか。 すでに自由なのだ、本当は、好き勝手にすでにしている、単に怠け者か、それは誰にも妬まれない程度のもの、要は、羨ましいと思われたいだけかもしれない。 だから自由など言う本気のものなど想像もできないだろう。


早川 勝

結果にこだわらない生き方をしていると 「力」がつかない。
頑張っているという思い込みと己満足は大変危険である。
自己満足という「ぬるま湯」ほど 怖いものはないのだ。
ストイックなまでにクールに結果を追求する姿勢が本当の成功を引き寄せるのだ。

「しようと思う」「するつもり」という口癖を「死ぬ気でやる」に変える。

問題は「ギフト」障害は「プレゼント」試練は「大チャンス」。

心を豊かにしてくれる時間にあなたの心は飢えている。

タイムリミットを設定する。
「そのうち」「いつか」は永遠に訪れない。

目の前のゴミを拾うことが組織を変えるはじめの一歩。

クビは「新しい仕事への挑戦」。
失恋は「新しい恋のはじまり」。
大ケガは「休養時間」。

「なるほど」「頑張ってるね」「その気持ちわかる」会話はこの3つの繰り返しでいい。

たいていの人間は現状維持が大好きだ。
しかし努力せずに平和な日々が続くほど人生は甘くない。
現状を保とうとして守りに入るほど次から次へと試練や困難が襲いかかりあなたを悩ませ続ける。
防戦一方の生き方ほど辛いものはないだろう。

過去の栄光を捨てない限り次の成功はやってこない。

ちっぽけな成功を捨てる覚悟を持てるかどうかがこれからの人生を大きく左右する。
「捨てる」とは「変わる」こととイコールだ。

職場に不満を抱いているビジネスパーソンが必ず冒されている共通の病原菌がある。
それはズバリ「被害者意識」である。
お客様が悪い上司が悪い、部下が悪い会社が悪い、世の中が悪い景気が悪い、政治家が悪い運が悪いなどすべてを自分以外の「せい」にしている。
問題の原因を自分以外に押し付け誰かを恨んでいるか何かに憤っている。