月別アーカイブ: 2015年9月

あなたはだと結婚するのか?復縁相談元彼

a281

問い合わせはこちらから 090-8805-8765

 復縁相談元彼のサイト

「よし、体を動かすぞ!」と決意しても、三日坊主でおわってしまった。
そんな経験をしたことがありませんか? 健康にいくら良くても、無理な運動は続かないもの。逆にストレスになってしまっては逆効果です。

成人の女性が1日に必要とする推定エネルギー必要量は1120 kcal。
でも、これは早朝空腹時に快適な室内等においての安静時の代謝量です。実際はじっとはしていませんから、もっと必要。座り仕事や家事程度の運動をする女性で考えると、18歳から69歳の推定エネルギー必要量は、大よそ2000 kcalになるそうですよ。

でも、今はダイエットや細さを保つために、わずか600kcalしか取らない女性もいるとか。今ドキの女性は終戦直後の飢餓状態よりも、カロリーを摂っていない人が多いらしいのです。

けれど、美味しいものをガマンするのもツライし、栄養不足では健康的な体を維持することはできませんよね。では、視点を変えて、もっと気楽にストレスフリーで出来る事を考えてみてはいかがでしょう?

摂ったカロリーを消費すればいいのです。
とはいっても、「カロリー消費=運動=続かない・ツライ」という公式が浮かんでしまいがち。しかし、生きているだけでもカロリーは消費されているワケですから、ちょっとしたプラスをすれば良いのでは?

まずは、10分何かをした時の事を考えてみましょう。
よくあるのはウォーキング。通勤や通学、買い物など歩く機会はふんだんにありますよね。
普通の歩き方では10分で30kcalぐらい。これを早歩きに変えると10分で50kcal程にアップします。また、リュックを背負って普通に歩くと55kcalの消費に! 荷物を持っていた方がカロリーを使うのですね。

体をゆったりさせる半身浴は、ウォーキングと同じぐらいのカロリー消費。歩くのは面倒、と考えるのなら半身浴も一つの手かもしれません。(サウナもカロリー消費はウォーキング並みです)。
あまり長時間入ってしまうとのぼせてしまうから、やり過ぎは厳禁ですが、カロリー消費だけではなく、美容効果がプラスされます。
血行が良くなって冷え性が改善されたり、発汗作用によって肌の老廃物などを排出できたり、美肌効果も期待できますね。

他にも、使っているだけで体を鍛えられてカロリーを消費できます!という健康器具、ありますよね。
そして、仲間と楽しむカラオケも、1曲ずつ消費カロリーが表示されるものがあります。おとなしい曲よりはハードな曲を、ふりつけアリで歌うのもいいですね。