カテゴリー別アーカイブ: 結婚恋愛相談 

恋愛結婚相談で明日を楽しく思える日々に

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

bttwwt

お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 


大人になってもどぎまぎしたっていいんだな ぎこちない挨拶 醜く赤くなる 失語症 なめらかでないしぐさ 子供の悪態にさえ傷ついてしまう 頼りない生牡蠣のような感受性 それらを鍛える必要は少しもなかったのだな。
茨木のり子 
ことば ことば おんなのことば しなやかで 匂いに満ち あやしく動くいきものなのだ ああ。
茨木のり子 
満員電車のなかで したたか足を踏まれたら 大いに叫ぼう あんぽんたん!いったいぜんたい人の足をなんだと思ってるの。
茨木のり子 
はじめての町に入ってゆくとき わたしの心はかすかにときめく そば屋があって 寿司屋があって デニムのズボンがぶらさがり 砂ぼこりがあって 自転車がのりすてられてあって 変わりばえしない町 それでもわたしは十分ときめく。
茨木のり子 
道でばったり奥様に出会い 買い物籠をうしろ手に 夫の噂 子供の安否 お天気のこと 税金のこと 新聞記事のきれっぱし 蜜をからめた他人の悪口 喋っても 喋っても さびしくなるばかり 二人の言葉のダムはなんという貧しさだろう やがて二人はいつのまにか 二匹の鯉になってしまう 口ばかりぱくぱくあけて 意味ないことを喋り散らす 大きな緋鯉に!そのうち二匹は眠くなる 喋りながら 喋りながら だんだん気が遠くなってゆくなんて これは まひるの惨劇でなくてなんだろう 私の鰭は痺れながら ゆっくり動いて 呼子を鳴らす しぐさになる。
茨木のり子 
いとしい人には 沢山の仇名をつけてあげよう 小動物やギリシャの神々 猛獣なんかになぞらえて 愛しあう夜には やさしい言葉を そっと呼びにゆこう 闇にまぎれて。
茨木のり子 
わたしが一番きれいだったとき わたしはとてもふしあわせ わたしはとてもとんちんかん わたしはめっぽうさびしかった だから決めた できれば長生きすることに 年とってから凄く美しい絵を描いた フランスのルオー爺さんのように ね。
茨木のり子 
一人でいるのは賑やかだ 誓って負け惜しみなんかじゃない 一人でいるとき淋しいやつが 二人寄ったら なお淋しい おおぜい寄ったなら だ だ だ だ だっと 堕落だな 。
茨木のり子 


いつまで待つんだプロポーズ結婚相談

恋愛相談元彼 霊視元彼復縁相談 復縁電話相談

yt

お問合せは上記からお電話ください。

六本木ミッドタウン傍です。 


プロポーズのタイミング

結婚の意志の確認といえば、プロポーズ。少数派ですが、プロポーズはなかったというカップルもいますが、結婚と言えばプロポーズ、ではないでしょうか。

お付き合いを始めてから結婚を意識するのは、いつなのでしょうか?適齢期の二人ならば、お付き合いを始めるときから多かれ少なかれ結婚を意識しているのが普通かと思います。そして、本格的にこの人となら…と意識するのが半年未満、実際にプロポーズするのは1年未満がいちばん多いのだそうです。そして、プロポーズから結婚までのいろいろな準備があり、結婚までの交際期間は平均3.5年となるようです。
この数字はおそらく社会人になってからお付き合いしているカップルがほとんどだと思われますので、学生時代からお付き合いを続けているというお二人には当てはまらない数字もあるでしょう。

それぞれのカップルにそれぞれの事情があるとは思いますが、3年以上交際していてお互いに結婚の意志をあらわさないのは、2人の縁が結婚に至らないのかもしれません。

とは言え、多くの女性はプロポーズは男性からしてもらいたいもの。彼と結婚したいと思っているのに、なかなかプロポーズしてもらえないとヤキモキしている場合もありますね。彼の方は、彼女と結婚したくないのでしょうか?そうとは限りません。彼女と結婚したいとは思いながらも、踏ん切りがつかなかったり、躊躇してしまう理由があるのかもしれません。

では、男性はどんな時にプロポーズを決心するのか。転勤が決まった時、出世するなどして収入が上がったり安定した時、親が病気になってしまって安心させたい時、兄弟など身近な人が結婚した時、彼女が仕事で悩んでいる時、彼女の結婚願望を知った時などだそうです。主に大切な彼女を支えたい気持ち、支えられる自信が大きなきっかけになるようです。

長いお付き合いで彼からのプロポーズを待っているのなら、タイミングを演出することも必要かもしれませんね。

結婚相手に求めるものとは

あなたが結婚相手に求めるものは、何ですか?

以前よく言われていた「3高」は高学歴、高収入、高身長でした。
その後、結婚相手に求める条件としていろいろな「3○」が出てきています。
今は結婚相手に求める考え方として「3K」が挙げられています。
「3K」とは、金銭感覚の一致・雇用形態の安定・価値観の一致の3点です。
そこからさらに社会情勢に対応してでしょうか、「3低」「3平」「3生」と出てきました。
「3低」は、低リスク・低姿勢・低依存
「3平」は、平均的な年収・平凡な容姿・平穏な性格
「3生」は、生存力・生活力・生産力
となっています。
これからは、人生で困難に遭っても、立ち向かって未来を切り開いていける、いわゆるサバイバル力である「3生」が注目のようです。

では、男性が結婚相手の女性に求めるものは何でしょうか。

もちろん、好みの容姿であるか、と言う事もポイントですが、恋愛対象を選ぶ時よりもその優先度は下がるようです。
容姿でなければ、何か。それは、一言でいうと「妻としてふさわしいか」です。
具体的には、
・癒し・安らぎを感じられる性格、話していて元気が出る、素の自分を出せる相手か。
・料理が上手など家事能力があるか。家事全般の中でも、料理が一番重要視されるようです。
・無駄遣いなどしない経済観を持っているか。女性の結婚相手に求める条件と同じく、経済観念が一致しているか、ということになるかと思います。
・自分の趣味を認めてくれるか。共通の趣味・女性ウケの良い趣味でなくても、受け入れてもらえる事が大切なポイントのようです。
・家族や友人などとのコミュニケーション意欲があるか。これは、女性側も同じだとは思いますが、これから二人で過ごす人生を思えば、自分の大切な人達とは良い関係を築いてもらいたいですよね。

料理や上手なコミュニケーションの取り方を学んでみるなど、普段の生活レベルもアップするはずですので、出来そうなことからチャレンジしてみませんか。